Sunday, October 21, 2018

2018/11/04 EXTRA! EXTRA! -SUNDAY EVENING EDITION-


EXTRA! EXTRA! -Sunday Evening Edition-

DJs : Chairman Mao (ego trip) from NYC 
黒田大介 / 尾川雄介 / Koco a.k.a. Shimokita / Tus-One

日時 : 11月4日 (日曜日) 17時~23時
会場 : Upstairs Records & Bar 下北沢
料金 : 無料 (1drink order)
協賛 : Discogs

Wednesday, September 26, 2018

2018/11/03 EXTRA! EXTRA! CHAIRMAN MAO (ego trip) NYC


EXTRA! EXTRA!
2018.11.03 (Sat) @渋谷Under Deer Lounge


Guest DJ :
Chairman Mao (ego trip) From NYC

DJs :
Koco a.k.a. Shimokita / Ryuhei The Man / Tus-One / Kogataroo / The Silver Child / Masaru / NK Sunshine / Kumiko / Shoki

Shop :
Breakwell Records / Crystal Gypsy Vinyl / Discogs / Turntable / Vinyl Whiz Records / Yo! Bros Pro.

Open : 23:00〜
Door : 2,000yen 1D / 1,500yen No D
*女性は25時まで入場無料

Supported By :
Discogs

[CHAIRMAN MAO プロフィール]
Chairman Jeff Mao (チェアマン・ジェフ・マオ) は、ニューヨーク州ハーレム在住のDJ、音楽ジャーナリスト、そしてワールドクラスのレコード・コレクターとして1990年代から活動している。
クリエイティブ集団「ego trip」の中心メンバーとしても知られ、彼が執筆と出版を手掛けた「ego trip Magazine」や「ego trip's Book of Rap Lists」は、コアなヒップホップ・リスナー達のバイブルとなった。
2000年代にはニューヨークのナイトクラブ「APT」にてFunk/Soul 45のパーティ―「Bumpshop」を主宰し、レジデントDJを務めた。45 King、DJ Cash Money、Cut Chemist、Ian Wright、Kenny Dopeなど名だたる面々も出演し、尖がったヴァイナル・ディガ―達の情報発信地として人気を博した。
近年ではRed Bull Music Academyのためにラジオやショート・フィルムのプロデュースを手掛け、さらにはハードな音楽ファンを唸らせるライター、インタビュアーとしてマルチな活躍をしている。また、アート ギャラリー「Red Bull Arts New York」で行われた展示会「RAMMELLZEE : Racing For Thunder」ではキュレーターを務め、各界から高い評価を得た。
ここ日本では、DJ MuroとのスプリットMix CD「Run For Cover」が大きな話題となった。


Under Deer Lounge

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目3 神南1-3-4 神南ビル B1
03-5728-2655

Saturday, August 4, 2018

2018/09/01 EXTRA! EXTRA! UNDER DEER LOUNGE


渋谷under deer loungeにて奇数月第一土曜日開催となりました。

EXTRA! EXTRA!
9/1 (Sat) 渋谷Under Deer Lounge


DJS:
Koco a.k.a. Shimokita / Ryuhei The Man / Tus-One 

Kogataroo / The Silver Child / Masaru / NK Sunshine / Kumiko / Shoki

SHOP:
Crystal Gypsy Vinyl / Promenade Records / Turntable / Yo! Bros Pro.


Under Deer Lounge
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目3 神南1-3-4 神南ビル B1
03-5728-2655

Friday, June 15, 2018

2018/07/07 EXTRA! EXTRA! UNDER DEER LOUNGE



渋谷under deer loungeにて奇数月第一土曜日開催となりました。

EXTRA! EXTRA!
7/7 (Sat) 渋谷Under Deer Lounge


DJS:
Koco a.k.a. Shimokita / Ryuhei The Man / Tus-One / Kogataroo / The Silver Child / Masaru / NK Sunshine / Couta / Oh My God / Kumiko / Shoki / Monk T / Aki / Se18 & more...


SHOP:
Crystal Gypsy Vinyl / Promenade Records / Universounds

【会場にて先行発売】
DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA氏が監修するHIP HOP CLASSICS 7”化シリーズ第1弾TALL DARK & HANDSOME / JUST ICE /AFRIKA BAMBAATAAの3タイトル同時リリース!!


Under Deer Lounge
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目3 神南1-3-4 神南ビル B1
03-5728-2655

Friday, April 13, 2018

4/27 King of New York -Danny Krivit The Most Excellent Release Tour-




King of New York -Danny Krivit The Most Excellent Release Tour-

04.27 (Fri) 22:00 to 05:00 @Contact
Before 11PM ¥1000 | Under 23 ¥2000 | GH S Members ¥2500 | W/F ¥3000 | Door ¥3500

Studio:
Danny Krivit (718 Sessions | NY)
Dazzle Drums

Artist Promoted By Hisa Ishioka For King Street Sounds

Contact:
Paul Raffaele (Most Excellent Unlimited | Love Injection Fanzine | NY)
T.B.Brothers

[Extra!Extra!]
TUS-ONE
Ryuhei The Man
Kogataroo

Foyer:
The Silver Child
Masaru
NK Sunshine
Kumiko
Shoki

Pop UP Record Shop:
Most Excellent Unlimited
Breakwell Records
Crystal Gypsy Vinyl
Promenade Records
Turntable
Vinyl Whiz Records
Yo! Bros Pro.


『ニューヨークのレジェンドが伝承する至高のハウスミュージック』

70年代からダンスミュージックをつうじて喜びと希望と広める任務を担ってきた音楽伝道師、Danny Krivit。ディスコとガラージサウンドからハウスへ変容していくニューヨークのパーティーシーンを生き、そのソウルを今なお自身のルーツとして胸に宿し続けている彼がContactに再登場!

数々の伝説で語り継がれているKrivitによる功績の中でも、人気のクラシックスや知られざる名作からフロアの機能性をさらに引き出したエディット作品は数多くのファンを魅了してきた。そこに込められた深い知識と心に触れる想いは、彼のDJセットをつうじてフロアへと注ぎ込まれる。しかも、ビンテージもののディスコや魂を揺さぶるハウスミュージックに乗って、豊かな経験と技巧が大胆に、そしてときに繊細に表現されるのだから、今回のDJセットにも期待せずにはいられない。

そんなDanny Krivitのサポートを務めるのはもちろんこの名コンビ、Dazzle Drums。ニューヨークハウスの偉人たちへのリスペクトを胸に、ひたむきにハウスミュージックへ取り組んできたNagiとKei Suganoが、この夜も忘れることのできない瞬間を作り上げてくれるに違いない。

そしてContactフロアには、人気のディスコエディットレーベル”Most Excellent Unlimited”を率いるPaul Raffaeleが登場。その脇を固めるのは、Contactで特別開催となるヴァイナルディガーパーティーExtra! Extra!だ。世界屈指の良盤ハンターたちが集うことになったこの日、一体どんな音楽が鳴り響くのか。

「A masterclass of house music from an NYC legend」

Danny Krivit has been on a mission to spread positivity and hope through dance music since the days of roller discos. The fabled producer and DJ was right at the heart of New York’s party culture as disco and the original garage sound morphed into house, and he’s retained the soul at the root of the music ever since.

Some of his most treasured contributions have been his masterful edits, which find him delicately teasing even more dancefloor potency out of much-loved classics and obscure gems, and he brings that deep knowledge and heartfelt passion to every DJ set he performs. From vintage disco to soul-stirring house music, Krivit’s experience and skill pours out of him when he takes to the decks.

In support are long-standing husband-wife duo Dazzle Drums. They may hail from Tokyo, but their legacy is connected with the titans of New York house music. Kei and Nagi Sugano draw on decades of immersion in house culture to create unforgettable dancefloor moments.

The Contact floor will feature Paul Raffaele, head of the respected disco edits label "Most Excellent Unlimited". He’ll be joined by the residents from much-loved crate-digger party Extra! Extra!, which is being revived on this occasion to complement a line-up paying tribute to some of the world’s finest record detectives.